中学の夏休み明け実力テストの結果が悪かったら

2学期が始まり、さっそくテストがあった子も多いと思います。

 

私の塾生も結果待ちです。

 

結果を見て一喜一憂する気持ちはわかりますが、

 

もし思ったより悪い成績だったとしても、

 

感情的になって叱るのはガマンしましょう。

 

叱っただけでは良い方向に向かわないからです。

 

お子さんの将来につながる声かけ・アドバイスをしたいですね。

 

 

1、平均点とお子さんの点数を比べる

 

夏休み明けのテストは「実力」テストです。

 

2年生は1学期の範囲を中心に

 

前学年の範囲も含まれているでしょう。

 

中間テストや期末テストと比べて範囲が広く、

 

応用問題の出題率も上がります。

 

 

特に3年生は、平均点がガクンと下がることが多いです。

 

定期テストでは5科目平均が300点くらいですが、

 

実力テストは260点などと下がっていると思われます。

 

ですから、点数だけを見て「成績下がった!」と判断するのは早計です。

 

もしお子さんの点数が平均と同じだけ下がっていれば、

 

お子さんの「相対的な成績は同じ」なんです。

 

 

テストが返却されて一週間後くらいに成績表が出るはずです。

 

「○○点の人が○人いた」などの度数分布表と各科目平均点です。

 

その平均点とお子さんの点数を比べてはじめて

 

「数学は良かった・英語が悪かった」と反省と評価をしましょう。

 

もちろん、良かったものについては褒めてあげてください。

 

なお、この相対評価の適切な目安となるのが偏差値です。

 

2、3年生は短期間に上がるものではない。

 

高校受験の準備として、夏期講習に参加した人も多いと思います。

 

「高いお金を払ったのに成果が見えない・・・」

 

そんな悲しい思いをする方もいると思います。

 

残念な気持ちはわかりますが、はっきり言ってしまうと、

 

3年生の実力テストでは、たった1か月で成績急上昇はありえません。

 

3年生の9月といえば、中学生活3年間の2年半が終わっています。

 

2年半の学習の積み重ねが今回の実力テストの点数です。

 

成績が良くなかったお子さんは、

 

まだまだこれから積み重ねが必要ということです。

 

(まだ時間はたくさん残されています。大丈夫です。)

 

ちなみに私の塾は夏期講習で100時間弱勉強しましたが、

 

冷静に考えれば、1教科20時間ですから、

 

たいした勉強量ではありません。

 

受験勉強は始まったばかりです。

 

志望校の合否の判断などはまだまだ先です。

 

成績もまだまだ変わります。

 

夏休みの頑張りは3か月後の11月に出ると考えてください。

 

3、努力した部分は認める。

 

私の塾の話ばかりで恐縮ですが、

 

内心は「100時間なんてたいしたことない」と思いながら、

 

子どもたちには「よく頑張ったな!」と褒めています。

 

彼らも「ムチ」ばかりではツライでしょうから、

 

みんなでアイスを食べたり「アメ」もあげます(笑)。

 

実際に100時間弱の勉強をしたことは確かですし、

 

勉強した分は必ず受験への『肥やし』になっていきます。

 

でも一方、

 

親というのは、どうしても子どもの足りない部分に目がいきます。

 

テスト結果はどうあれ、

 

お子さんが努力していた部分はしっかりと認めてあげてください。

 

認めてあげることなく「ああしろ・こうしろ」の指示ばかりでは、

 

そのうち反抗して親の言うことを聞かなくなります。

 

成績の良いお子さんの親は褒め上手です。

 

くり返しになりますが、

 

まだまだ時間はたっぷりあります。

 

お子さんを励まして応援を続けてあげてください!