塾でがんばっているのに成績が上がらない!

個別指導塾
※ページ内の画像はイメージです

 

塾に通わせているのに成績が上がらない・・

 

このように悩んでいる保護者の方がとても多いです。

 

実は、塾に通って成績が上がる子は半数もいません。

 

ズバリ、塾で成績が上がる中学生は4割程度です。

 

なぜ、成績が上がらないのでしょうか?

 

3つの原因と対策を紹介します!

 

 

1、中学校の授業をおろそかにしている。

 

学校授業

 

「塾へ行けばなんとかなる。自動的に成績も上がる。」と考えてしまい、

 

中学の授業を軽視したり、宿題をしない子がいます。

 

「どうせ塾で習うから学校の授業は聞かなくていい」と考える子もいます。

 

塾と学校の授業は車の両輪です。

 

学校の授業と家庭学習があり、塾のフォローがあって成績が上がります。

 

学校の授業をしっかり聞き、塾はわからないところを補う場所と考えてください。

 

進学塾なら、学校より発展的な内容を扱う場所と考えてください。

 

いずれにしろ、中学校での学習姿勢が基本であり、
「まず学校と家庭での復習ありき」と理解しましょう。

 

2、塾が子どもに合っていない。

 

個別の塾

 

2つめの理由は、お子さんと塾が合っていないケースです。

 

塾で成績が上がる条件は、
お子さんに必要なことを塾が提供していることです。

 

お子さんに必要なことを塾が与えていなければ、成績は上がりません。

 

2つがかみ合ってないので効果が出ないのです。

 

例えば、女子の生徒で女の先生に教えてもらいたいのに
男性のおじさん先生で質問ができない・・・。

 

数学のわからない問題だけじっくり個別で教えて欲しいのに、
集団の黒板授業で授業がどんどん進んでしまう。

 

これではお子さんもやる気をなくしてしまうでしょう。

 

他には、宿題が多すぎてやりきれない。

 

先生がコロコロ変わって落ち着かない。

 

このような場合は塾を変えることも考えてください。

 

3、塾で確認テスト・小テストがない

 

塾通い

 

3番目の原因が一番多く見られるケースです。

 

先生は生徒に勉強を教えるだけで満足、
お子さんも「わかりやすく教えてもらった」と満足。

 

しかし、先生に教えてもらっただけでは点数は上がりません。

 

なぜなら、お子さんが自分で解けるようになっていないからです。

 

だから、塾に通っていても成績が上がらないのです。

 

塾の効果を最大にし、成績を上げるには?

 

当たり前ですが、本番のテストでは先生は教えてくれません。

 

お子さんが自分の力で問題を解く必要があります。

 

ですから、先生に教えてもらって満足してはいけないのです。

 

塾で習ったことを家で復習して、身に付けることが重要です。

 

お子さんが自分でできるようになってこそ点数は上がります。

 

どんなタイプの塾に通っているかは関係ありません。

 

家庭での復習が成績アップのカギだからです。

 

まずは、塾で習ったことの復習をきちんとできているか、お子さんと話し合ってみましょう。

 

成績が上がる塾は?

 

塾で勉強したことが身についたかどうか、
塾内で確かめる仕組みがある塾を選びましょう。

 

例えば、確認テストがあること。

 

2週間ごとや単元ごとに小テストがあるといいですね。

 

さらに、テスト前はテスト対策をしてもらえるとベストです。

 

無料体験で指導方法をよく確認しましょう。

 

 

< 高校受験合格!勉強法マニュアル >

 

全国1100組以上の親子に大好評!

 

高校受験勉強法

 

メリット 勉強のやり方がわかる!

 

メリット2 やる気の出し方がわかる!

 

メリット3 点数や偏差値が上がる!

 

メリット4 おススメ問題集がわかる!

 

メリット5 親のサポート法もわかる!

 

高校合格のみなさん

 

 

中学1年生・2年生は

 

 

成績が上がらないときの対応トップへ

 

中学生の勉強のやり方・高校受験勉強法トップへ