高校受験勉強のやり方、始め方

高校受験勉強

 

高校受験勉強のやり方がわからなくて
困っている中学3年生がたくさんいます。

 

効率よく復習してテストで良い点を取るには、
どのように勉強すればいいでしょうか?

 

受験勉強の始め方、やり方を紹介します。

 

 

勉強の基本3原則!これをすれば合格!

 

塾で教えている中学生の生徒たちには、
ほとんどの生徒が志望校に合格できます。

 

※自慢のようでスイマセン!

 

彼らが受験勉強で何をしているか?を紹介します。

 

20年の経験から言えることなので、
参考にしてマネしてやってみてください。

 

最初に高校受験勉強の3つの基本原則を紹介します。

 

基本的なやり方を知って、キミも高校受験を成功させてください!

 

1、1教科2冊の問題集をやり切ろう

 

数学問題集1

 

受験勉強だからといって、大量に問題集を買う必要はありません。

 

たしかに問題をたくさん解くのは良いことですが、

 

やり切ることができなければ逆効果です。

 

とくに中位・下位程度の学力のお子さんは
分からないことが多いので自信をなくしてしまうでしょう。

 

おそらく勉強がイヤになり、やる気までなくしてしまいます。

 

ですから、問題集は最初に2冊決めたものに集中し、
その1冊をやり切ることを目標にしてください。

 

2冊というのは、1冊目が基本問題集で2冊目が入試問題集です。

 

クリアできたら、3冊目以降を考えます。

 

書店やアマゾン等で売っているものでも、
中学校で配布・販売されるものでも大丈夫です。

 

2、間違えた問題ほど大切にしよう

 

正解不正解

 

成績が上がる受験生は、間違えた問題を大切にします。

 

しっかり解きなおしをして、学力を上げていきます。

 

逆に、問題集やプリントの問題を解いて、丸付けをして終わり。

 

これでは成績が上がることはありません。

 

なぜなら、問題集で間違えた問題は

 

本番の高校入試でも間違えるからです。

 

間違えた問題こそ大切にしましょう!

 

間違え直しノートをつくろう!

 

ノートに解きなおす

 

高校受験の勉強では、1教科1冊の間違え直しノートをつくってください。
問題集やプリントは1回で終わらず、
不正解だった問題は解説を読んで理解します。

 

理解できないときは、友達や先生に質問します。

 

そして間違え直しノートに必ずもう一度自分で解いてみることが大切です。

 

練習での正解数が増えれば増えるほど、
本番のテストでも良い結果が出るのは当然です。

 

3、苦手やわからない分野は基本に戻ろう!

 

基本に戻る

 

受験勉強をしていれば、わからない問題にぶつかります。

 

そんなときは、基本に戻って学び直せばOKです。

 

中学校ワークの基本問題や、くもんの簡単な問題集から始めましょう。

 

焦らずに一つずつ克服していけばよいのです。

 

理科や社会は教科書をゆっくり読むのもオススメです。

 

一つひとつ問題集

 

苦手な教科は基本から復習できる問題集もあります。

 

ひとつひとつ理解して、わかることを増やしましょう。

 

簡単な問題集をクリアしたら、標準レベルに取り組みます。

 

疑問があればインターネットで調べるのもいいですね。

 

Youtubeには勉強の無料解説動画も多いです。

 

便利なものはどんどん活用すればいいです。

 

※長時間の視聴は眼と脳によくないので注意が必要です。

 

 

< 高校受験合格!勉強法マニュアル >

 

全国1100組以上の親子に大好評!

 

高校受験勉強法

 

メリット 勉強のやり方がわかる!

 

メリット2 やる気の出し方がわかる!

 

メリット3 点数や偏差値が上がる!

 

メリット4 おススメ問題集がわかる!

 

メリット5 親のサポート法もわかる!

 

高校合格のみなさん

 

 

 

中学生の勉強のやり方・高校受験勉強法トップへ

 

高校受験5教科の勉強法トップへ

 

高校受験数学勉強法へ

 

高校受験英語勉強法へ

 

高校受験国語勉強法へ

 

高校受験理科勉強法へ

 

高校受験社会勉強法へ